2007年07月01日

記憶喪失による過去を取り戻す 退行催眠

心に怪我を負っているだけだよ。

記憶喪失による過去を取り戻す 退行催眠

現在の心の傷は前世の心の傷につながっている。過去の心の傷はやがて姿を変えて現在や未来に影響を与えてしまうこともある。
ある日目覚めたら、自分が誰だかわからなくなっていたら・・・・

愛と死の間で

ヒロイン(エマード・トンプソン)は記憶はもちろん言葉も失い、修道院で保護される、空っぽの器の中に不安だけが溢れ、毎晩悪夢に苛まれる。
彼女に手を差し伸べたのはしがない私立探偵(ケネス・プラナー)
と胡散臭い催眠術師だった、
催眠には、ラポール(信頼関係)は必要条件だが、このおっちゃんは、ずかずか踏み込んできて、とっとと退行催眠にかける。

でも技術は一流。

誘導技術法にのっとって、まず、上腕法(腕の重みをなくし上に上げさせる)でリラックスさせろうそくの姿をみつめさせ(凝視法)催眠状態にし、ゆっくりと階段を下りることを想像させて(階段法)記憶をさかのぼる


「さあ、ドアがみえますね。そのドアを開けてください」時の扉は開き、過去どころか前世の記憶をよみがえらせてしまう。

ドアの向こうに見えた真実は血塗られた惨劇だった。。。

【催眠術】
【催眠術教室】
【催眠術のからくりを知る事でオレオレ詐欺を撃退!】
【催眠術方法自己暗示術でタバコをやめれる!禁煙だ!】
【恋愛催眠術マスター】
【映画でわかる催眠術入門】


posted by 催眠術 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。